考える 2016-05-23

火災で甲羅に激しい損傷を受けたカメ、3Dプリントのおかげで助かる

\この記事をシェアする/

ブラジルで、山火事で甲羅を失ったカメのために3Dプリントで新しい甲羅を作ってあげた話をキャッチした。

甲羅を失ったのはカメのフレディー。森林火災の際に、甲羅に約85%の損傷を受けました。瀕死の状態のフレディーのために、ブラジルのサンパウロを拠点に活動する、4人の獣医と歯科医、3Dデザイナーで構成されるボランティアチーム(アニマルアベンジャーズ)が動いた。

デザイナーのキケロモラエスさんは、フレディーが損傷した甲羅と、他の健康的なカメの甲羅を比較することで新しい甲羅を設計するといいます。以下、瀕死の状態から新しい甲羅を背負うまでです。

▽火災により激しく損傷を受けたカメの甲羅

損傷した甲羅 source:

▽3Dプリントでできた甲羅

かめのこうら source:

の実用性は高い。足を失った犬の足を再現したり、猫のための衣装を作成したりもできる。しかも、低コスト。これから今からの私たちの生活の至る所で役に立ってくるに間違いなさそうだ。海外の掲示板redditでも、このカメの甲羅のニュースを受け、「素晴らしい技術だ。」「素敵!」とコメントが多数集まった。

▽3Dプリントでできた甲羅を背負ったカメのフレディ(完成系)

カメの甲羅

これからの3Dプリントの実用化を楽しみにしたい。

source:dailymail

フォローをお願いします(1人1回) マークでOK