かわいい 2016-11-28

なんと店長も猫!捨て猫が幸せそうに暮らす京都の保護猫カフェ

\この記事をシェアする/

9匹の元捨て猫がくつろぐ天国のような店があります。なんと店長を務めるのも猫!

日本の京都府にあるカフェ『』では、路上から拾われてきた猫たちが幸せそうに暮らしながら「働いて」います。店長である猫はレジの横の専用の箱に座り、日々の営業を見守ったりお客さんにごろごろと甘い声を出して抱っこされたりして過ごしています。

京都の猫カフェ6 source:

日本での猫人気は相当なものですが、ほとんどの猫カフェは拾われてきた猫以外の猫が置かれているなか、このカフェは特別な取り組みで話題を呼んでいます。

京都の猫カフェ1 source:

Kitten Ladyという猫を救護する団体のレスキュー隊員であるハンナ・ショーが京都の伏見区にある猫カフェ、猫カフェタイムの話を聞いた時はその画期的な取り組みに大変感心し、必ず訪れようと心に決めたそうです。

京都の猫カフェ2 source:

「路上から救護された猫たちを集めて猫カフェにするなんて素晴らしいアイディアだと思います。居場所のなかった猫たちは稲荷神社のそばあるこの可愛いカフェに引き取ってもらって幸せそうに暮らしているのです。」とハンナは言います。

全ての猫たちは地元の団体によって救護され、猫カフェタイムに引き取ってもらい一生安心して暮らせるようになりました。

この小さい癒しの場は随時新しい猫スタッフを迎えています。

一番新しい「従業員」はこの茶と白の兄弟で、路上で見つかってから健康になるまでケアを受けたのち、ここにやってきました。

京都の猫カフェ5 source:

猫カフェタイムは「店長のボブは、この店でどういう風に振る舞うべきか他の猫にちゃんと指示しているんですよ!」と言います。

猫店長 source:

またこの黒白の猫、ボブは時折店長の座を他の猫に譲ったりもします。 「ボブはグループの中で一番年上なので『店長』となりました。ボウタイを付けて、真面目な顔でカフェの中を歩き回るんです。でもとっても優しくて、特に人々に鼻を掻いてもらうのが大好きなんです。」

京都の猫カフェ3 source:

猫たちは幸せいっぱいで、またとってもフレンドリー。

自分の家と呼べる、心地よい空間に住める喜びを噛み締めている猫たち。おもちゃやおやつや抱っこをもらって、遊んだり甘えたりしながら友情と愛情にたっぷり囲まれて暮らす幸せに浸っています。

ボブが店長としてこの小さなカフェに住むようになったのは2年前ですが、現在は多くのスタッフ猫が在籍するようになりました。 今では大家族です。(lovemeow

猫たちの可愛いビデオはこちら

動画はこちら

Here's a sweet lil video of my visit with a rescue cat cafe in Kyoto, Japan: Neko Café Time! What a special and rare find. Although cats are conceptually adored in Japan, they aren't always treated well, and most cat cafes buy from breeders. This commodity culture exists in the US too–valuing exotic breeds at the expense of shelter cats in need. That's why I was so excited to stumble upon Neko Cafe Time, a cafe supporting shelter cats. The cats are all rescued and living a great life in a cute lil second-story cafe near the Inari Shrine. What a happy place to be! 🐱

Kitten Ladyさんの投稿 2016年11月15日

人の手助けが必要だった猫を引き取って育てつつ、猫カフェとしてたくさんのお客さんに猫との交流を楽しんでもらえるまさに一石二鳥の取り組みに感動です。猫たちの幸せそうな様子に思わずこちらまで嬉しくなってしまいますね!

フォローをお願いします(1人1回) マークでOK