驚き 2015-07-24

私たちが生きている間に絶滅しそうな18の動物←ほぼ見たことない…。

\この記事をシェアする/

6.ホライモリ

ヨーロッパで見られる脊椎動物。はヘビのような形で、通常20–30 cm。特定の洞穴環境に適応しているため、環境の変化に極端に脆弱である。

ホライモリ source:

7.キンシコウ(金糸猴)

中国に生息する、『西遊記』に登場する孫悟空のモデルとなったサル。標高1,200-3,000メートル以上にある森林に生息する。 開発による生息地の破壊、毛目的や食用、薬用の乱獲などにより生息数は減少している。

キンシコウ source:

8.インドガビアル

インド、ネパールに生息し、全長400 – 600センチメートル。水深が深く水が澄んで流れの速い河川に生息する。パキスタン、バングラデシュ、ブータン、ミャンマーにもかつてはいたが、もう絶滅した可能性が高い。

インドガビアル source:

9.テングザル

インドネシア、ブルネイ、マレーシアに生息する。体長オス73-76センチメートル、メス61-64センチメートル。伐採や農地開発、森林火災、エビの養殖池への転用、金採掘などによる生息地の破壊、および河辺林の分断、狩猟などにより生息数は激減している。

テングザル source:

10.カワゴンドウ

カワゴンドウは大きな丸い頭部を有する。英名 (Irrawaddy Dolphin) が示す通りミャンマーのエーヤワディー川(旧称イラワジ川 (Irrawaddy))をはじめ、ガンジス川、メコン川など東南アジアの河川の河口や海岸近くの海域に棲息する。生息数の減少と生息域の縮小が大きな問題となっており、インドのチルカ湖 (Chilka Lake) においては、刺し網や地引き網によって、個体数がわずか50頭ほどに減少してしまったと考えられている。

カワゴンドウ source:

↓[次へ]を押してもっと見てね↓

フォローをお願いします(1人1回) マークでOK