泣ける 2015-12-04

雪の日に凍死寸前の子猫を保護したが、そのまま…

\この記事をシェアする/

昨晩、大雪に見舞われ、朝になると外は雪景色。 外に雪が積もっていたので、ブランデンさん家族は外で雪遊びすることにしました。

すると、ブランデンさんの子供が雪の上で凍死寸前の子猫を発見しました。(かなりの大雪だったそうです。子猫がその雪を避けられなかったのでしょう。)

▽動く気配はまったくありません。完全に凍り固まってます。

凍った猫 source:

ひとまず、子猫を抱えて家の中に!

暖かい暖炉の前に連れて行っても、まったく動きません。暖炉の前で子猫を暖めつつ、心配蘇生を一時間以上続けましたが、それでも子猫が動く気配はありません。

ブランデンさんは、子猫が微動だにもしなくなったので「凍死」と判断しました。子猫を家族全員で助けようとしたのですが、その努力は水の泡になりました。

「小さな命を救うことができなかった。」と深い悲しみにくれる家族。ブランデンさんは、家族や子供たちをすこしでも励まそうと、もう一度外で雪遊びをすることを提案します。

人形のように全く動かない猫 source:

雪遊びから帰ってくると…

まさかの奇跡に目を疑いました。凍死したはずの子猫が息をしていました。

生き返った猫source:

まさか凍死したはずの猫が息をしているなんて・・・。ブランデンさん家族は、それから子猫に餌をあげ、温かい毛布で寝かしつけてあげました。子猫は無事に体調を取り戻し、今では愛情をたくさん受けて幸せに暮らしているそうです。「この子を助けたい」というブランデンさんたちの強い想いが伝わったんですかね?

幸せそうな猫 source:

動画はこちら

フォローをお願いします(1人1回) マークでOK