考える 2016-12-28

リバプールで起こったミステリー。一体なぜ?!屋根の上に突如ウサギが!

\この記事をシェアする/

リリーには空中に高くジャンプする「超常現象的なスーパーパワー」が備わっているわけではないだろうとレスキューに携わった人々は認めていますが、それでもなぜ、リリーが屋根にまで冒険に出かけたのかはミステリーのままとなっています。

ウサギ1 source:

ある月曜日、英国王立動物虐待防止協会の職員たちは白いウサギがイギリスのリバプールの屋根の上で、文字通り窮地に立たされているという知らせを受けました。

幸運なことに、地元の消防団の助けも借りて、団体の職員たちはウサギを無事に保護しましたが、大きな謎は未だに解決されずにいるままです。つまり、このウサギは一体どこから来て、どうやってこの屋根の上に登ったのでしょうか?

リリーは、もちろん、その答えを話せません。

ウサギ2 source:

「現時点でわたしたちには2つの仮説があります。1つは、リリーはどこかの庭から鳥にさらわれて、屋根の上に落とされた。2つめは、誰かがリリーを屋根の上に放り投げた、というものです」と英国王立動物虐待防止協会のマット・ブラウン氏は述べています。

「わたしたちはリリーを獣医に連れて行きましたが、特に怪我などはなかったのでとてもよかったです。しかし、わたしたちはいまだに、何故彼女が屋根の上にいたのかについて、疑問点でいっぱいです。彼女が自分自身で屋根の上までぴょんぴょんと行ったということはかなり有りえない話だからです」とブラウン氏は言います。

「そして、彼女が一体どこからやって来たかについても、謎のままなのです。見つかった家の近所のドアを叩いて回りましたが、彼女の飼い主を見つけることはできなかったのです。」

ウサギ3 source:

飼い主発見!

少なくとも、リリーの飼い主探しはそれほど難航しませんでした。

レスキューに携わった人が、見つかった家がある道と同じ道に住むリリーの飼い主のフェイスブックの投稿を見つけたのです。

飼い主のジュリーさんによれば、この事件が起こった朝、ジュリーさんは庭にあるウサギ小屋の扉が不可解な状態で開け放たれているのを見つけたとのことでした。そしてその時からリリーは行方不明になっていたのです。

この最新情報と突き合わせて、英国王立動物虐待防止協会は、この事件はウサギ誘拐犯によるものだと考えています。ウサギ誘拐犯はその後、何らかの事情でウサギを屋根の上に捨てたのです。真実はどうであれ、一番大切なのはリリーが無事に元気だったということです。

「リリーにとっては大冒険だったと思います」とジュリーさん。「なぜ彼女が人の家の屋根の家にいたのかはきっと永遠にわからないのでしょうが、彼女は無事に戻ってきて、自分の小屋でリラックスしています。本当によかったです。」(https://www.thedodo.com/rabbit-rescued-from-roof-2159330969.html

ウサギ4 source:

何者がウサギを誘拐し、屋根の上に放ったのでしょう。答えは謎に包まれたままですが、無事に見つかったのは不幸中の幸いですね!リリーにとってはとんだ大冒険でした!

フォローをお願いします(1人1回) マークでOK