泣ける 2017-01-22

殺処分される前日に救われた母猫と4匹の赤ちゃんの嬉しそうな姿!

\この記事をシェアする/

可愛くて心優しい母猫と、その赤ちゃんたちが殺処分の直前に救出されました

ママのペネロペと、その子どもたちがこちらです。

猫1 source:

「この母猫はワシントン州にある他のシェルターにいました」とアシュリーは話します。

殺処分の危機に晒された動物たち

ある日、そのシェルターからプログレッシブ・アニマル・ウェルフェア・ソサエティー (PAWS) に連絡がきました。「シェルターのスペースが足りないため、殺処分を余儀なくされている猫や犬を抱えている」という、助けを乞う連絡でした。

PAWSはすぐさま助けを買って出て、一番殺処分の可能性が高い動物たちから引き取り始めましたーつまり、全ての猫を引き取ったのでした。里親として猫を数匹引き取ったアシュリーは、他にも7匹の猫の里親をしていましたが、他の猫も喜んで引き取りました。

「もちろん、この機会を嬉しく感じていますよ。猫たちはみなとってもピュアで、愛情に満ちています。わたしたちが愛を返してやれば良いのです。殺処分なんて、とても考えられません。」

猫2 source:

5匹の猫が彼女の家にやってきた時は、それはもう触ったりゴロゴロと喉を鳴らしたりと大変な愛の嵐でした。

子猫たちは母猫の周りを四六時中離れず、ママを忙しくさせていました。

猫3 source:

ママのペネロペが集中して子育てができるようにと、アシュリーはこの一家を別の部屋に住まわせ、あえて他の猫たちと離して飼うことにしました。

これはママが赤ちゃんたちに爪研ぎを教えている様子です。

猫4 source:

この心優しいママは4匹の赤ちゃんを、愛情たっぷりに育てています。

4匹の子猫は、ママのペネロペにちなんですべてPで始まる名前をつけてもらいました。それぞれ、ピッパ、ペッパー、ピッパー、ポリーです。

猫5 source:

里親は、5匹の尊い命を救ったと言えます。「これが、里親というものがどれだけ大切なものかという例になればと思っています」とアシュリーは語っています。

その後4匹の赤ちゃんと心優しいママは、無事に飼い主が見つかり、たっぷり甘やかせて愛に溢れた毎日を送っているとのことです。(lovemeow

猫6 source:

母猫のペネロペと、その4匹の赤ちゃんたちは、もう少しで殺処分されてしまうところを団体に救われました。アシュリーという猫思いの素敵な里親のもとに引き取ってもらったのちに、現在、新しい飼い主のもとで幸せに暮らしているということです。尊い命が守られて、本当に良かったです!

フォローをお願いします(1人1回) マークでOK