考える 2016-11-04

ウミガメの上に乗りサーフィン姿!SNSに投稿し炎上…約158万円の罰金を科せられる

\この記事をシェアする/

オーストラリアのクイーンズランド州にある島、フレーザー島で撮影された1枚の写真。リッキーロジャースさん(Ricky Rogers)とその友人はウミガメの上に乗り、サーフィンのポージングをし写真撮影。SNSにアップし、今世界で炎上している。

問題の投稿がこちら。片手に缶を持ちサーフィンする姿と右手でグッドポーズをする姿。「週末にカメでサーフィンするの…最高!(gnarly)」とコメント

カメでサーフィン

SNSにこの写真をアップすると「動物虐待だ!」「ありえない!」と炎上。瞬く間に拡散された。

mashableによると、クイーンズランド州野生動物管理所(QPWS)によって調査されており、ロジャースと彼の友達は最大でA$19,965(日本円で約158万円)の罰金を受けるとのことだ。

SNSでロジャースさんは「私は動物愛好家だ。クモでさえも殺させません。」「SNSで話題になり、がっかりした。愚かな行為だった」と非を認めた形となった。本当に動物を愛する人なら、このような愚行はできないはずだ。

が半年前に炎上した。海辺に珍しい動物がいると近づきたくなる気持ちはわかるが、命を冒涜する浅ましい行為は絶対にやってはいけない行為だ。

フォローをお願いします(1人1回) マークでOK