考える 2016-09-01

残り数時間で…死の淵から救出された猫「ありがとう」感謝を表す

\この記事をシェアする/

ご存知の通り、動物保護施設に保護された動物たちには、命の期限が決められ、期限が来ると…残念ながら殺処分されてしまいます。

今回オーストラリアで、ある1匹の猫が、残り数時間で殺処分という死の淵から救いだされ、その際に撮影された動画が話題になっています。

猫のヘンリーは、残り数時間で殺処分されるところ、アデルさんによって一時的に引き取られました

猫が殺処分に勘付いていたかどうかはわかりませんが、猫はアデルさんに感謝の気持ちを表しました。

その時の様子。

「ありがとう」と感謝を表す

保護猫の感謝 source: catthank2 source: catthank3 source:

すぐに猫はアデルさんの肩に上り、顔に頭を擦り付けキスをした。

その後、ヘンリーには新しい飼い主さんが見つかり、今は幸せに暮らしているそうだ。

初対面でここまでの愛情表現をしてくるなんて…。ヘンリーは、もしかしたら全て気づいていたのかもしれない。本当に助かって良かったですね。海外のコメントでは、「動物はわかっているんだよ」「本当に良かった」などとコメントが寄せられた。

動画はこちら

source:lovemeow

フォローをお願いします(1人1回) マークでOK