かわいい 2016-10-31

「愛を欲する孤児」保護された子犬と子猫は、互いに思いやる存在となった

\この記事をシェアする/

《ある動物保護施設で出会った親のいない1匹の子猫と1匹の子犬。 彼らはしだいにお互いを思いあい、助け合う存在となっていきました。》

ある日シェナンドア動物保護施設で、1匹の親のいない子猫チキーと1匹の子犬ナゲットは運命的な出会いを果たしました。

孤児の犬と猫1 source:

子猫チキーははぐれ子として見つかり、子犬ナゲットは3匹の子犬の助けを求め施設を訪ねてきた優しい男性から引き渡されました。

保護施設は子犬たちを預かり、また母親を避妊させる手伝いもしました。 その子犬たちの中の1匹、ナゲットは重い病気にかかってしまい、早急な対応が必要でした。重い病に侵された小さな命を普段通りまで回復させるには、かなりの時間を要しました。

皆は毎日眠る時間も惜しみながら、流動食を何度も分けて与えるなど必死に看病しました。

ナゲットの体調が良くなった時に、子猫チキーが保護施設にやってきました。 しかしナゲットはというとはその時、不機嫌気味。何より、ひどく仲間を欲しがっているよう状況でした。

孤児の犬と猫2 source:

チキーは、(自分から選んで一人でケージに入ったのに)寂しく鳴いていたので、そのケージにナゲットを入れてみました。すると、彼らはすぐに鼻をすりよせ合いコミュニケーションをはじめ、遊び始めました。

2匹はとても仲良くなり、お互いが必要不可欠な存在になったことは間違いありません。

『私たちが2匹のうちどちらかを連れ出したとき、残った片方はとても心配そうにしていて、イライラし始めます。彼らは最高のパートナーです!』

保護施設の異なる動物たちがパートナーを見つけることは違和感がありますが、 彼らはお互いに支え合って生きています。

今、彼らは保護施設の獣医が世話をしています。 以前よりも良い暮らしをしてもらうために十分なケアを施していきます。そして2週間後には、引き取り手を探していきます。

動画はこちら

 

現在でも、チキーとナゲットは日々より良いパートナーへとなっていっています。日に日に成長しながら、強くなりながら。 ナゲットは、チキーのおかげで今では不満を言うことはなく、気を狂わせることもありません。 共に生きる友達ができて、とても幸せそうです。

彼らはこれからもずっと、ずっと一緒にいることでしょう。(lovemeow

動物はやはり不思議な力を持っているものですね。 これからもずっと2匹で健康に楽しく暮らして、世界中の人々に勇気を与えてもらいたいです。

フォローをお願いします(1人1回) マークでOK