考える 2017-01-04

2017年末までに中国での象牙の売買が全面禁止。象の絶滅を防ぐ大きな一歩に!

\この記事をシェアする/

中国の新しい法律で、2017年末までに、中国での象牙の売買が全面禁止されることになりました。

象1 source:

野生動物保護団体のアジア支部長アイリ・カング氏は以下のように記しています。

「世界最大規模の象牙の市場を閉鎖するという決定は素晴らしいニュースです。わたしは象の絶滅を阻止するための運動を牽引しようとする祖国に強い誇りを抱きました。」

象2 source: 象4 source:

現在までに、毎年2万から3万頭の象が象牙のために殺されてきました

象3 source:

この7年でサバンナの象の個体数は30パーセントも減少し、アフリカの野生の象はたったの40万頭以下となってしまいました。

象5 source:

象牙は主にアジアで売買され、中国が最大の消費国でした。そのため、この新しい法律は世界の象の個体数をこれ以上減らさないために大きな意味を持つこととなります。(boredpanda

象6 source:

象を絶滅から守るための、画期的な法律を可決した中国。象牙のためだけに殺される象がこれ以上増えないよう、期待が高まります。

フォローをお願いします(1人1回) マークでOK