考える 2016-02-27

子猫が交通量の多い道路に!警察官のナイスプレーで救出!

\この記事をシェアする/

ペルーの首都リマで、最も交通量の多いと言われている道路で立ち止まってしまった子猫。

カストロさんは、ちょうど運転中にこの子猫の状況を発見し、助けようとしていたそうだ。すると偶然にも警察官が通りかかりました。

カストロさんが状況を話すとすぐに警察官は子猫の救出に向かってくれました。

子猫の方へ

カストロさんから話を伺い、早速子猫のほうへ

猫を発見 source:

道路を横断し

右手を上げ、笛を吹き車を止めて道路を横切ります。ナイスプレーですね。

猫の救出 source:

なでなで

「こわかったな。もう大丈夫」と子猫の頭をなでなで。救出し、子猫の心のケアまで♪

猫をなでなでsource:

警察官は、カストロさんに子猫を預けすぐに仕事に戻って行きました。その後、カストロさんは救出された子猫を「ポリータナ」と名付けこれから一緒に暮らすことになったそうだ。交通量の多い道路なので警察官がいなければ容易に救出はできなかったでしょうね。偶然通りかかり、迅速に行動をしてくれた警察官に感謝です。

海外の子猫救出劇でした。

▽オレンジ色が「ポリータナ」。今はもっと小さな子猫ちゃんも一緒に暮らしているようだ。

子猫の人生 source:

動画はこちら

source:lovemeow

フォローをお願いします(1人1回) マークでOK