考える 2016-06-22

8億円だった犬「マスティフ」食肉用に…(中国)

\この記事をシェアする/

中国で人気のあったチベタン・ですが、取引価格が暴落し、食肉用として転売されているという衝撃的なニュースが飛び込んできた。

withnewsによると、中国でのペットブームの浮き沈みにより、ペットして販売需要が少なって来たため、食肉として転売しているという。

マスティフ

中国では、富裕層向け、ステータスシンボルとしてもてはやされていた犬だが、昨今、富裕層からの需要がなくなると買い手いなくなり、価格下落、それでも買い手いないと食肉になる。

中国マスティフ source:

チベタンマスティフはかつて、数千万円から最大で8億円もの価格で取引が行われていたが、今は悲惨な現状だ。このままペットブリーダーの金儲けのための安易な繁殖が続けば、尊い命が奪われるだけでなく中国自体の批判にもなりかねないだろう。

▽富裕層向けのペット:チベタンマスティフ

動画はこちら

先日、中国ではが行われた。世界からの大きな批判があるも決行された。あわせてみてみてください。

フォローをお願いします(1人1回) マークでOK