考える 2016-08-02

熱中症の犬が続出:動物看護士の叫び「自分の事だけ考えず、愛犬の事を考えて下さい。」

\この記事をシェアする/

梅雨明けし、全国的に真夏日に! 8月に入り、全国各地で30度以上の真夏日を記録しています。そんな時、やはり気をつけていただきたいのがペットの散歩。

malinois-662776_640

8月に入り動物病院には続々と熱中症のワンちゃんが運ばれてきているという。

看護師であるAさんは、

「自分の事だけ考えず、愛犬の事を考えて下さい。暑い中お外にお散歩に出さないでください。自分だけ日傘や靴履いて、何を考えているんですか!!動物は命があります。命を預かっている事を忘れないでください。」

と叫んだ。

▽重度の熱中症の治療中のワンコ

熱中症の犬 source:

現場にいるから熱中症の怖さがわかるのでしょう。熱中症は、犬だけではなく猫もその他の動物もなります。そして散歩に行かなくても室内でも起こりえることです。体調が悪くだけでなく、死亡するケースもあります。

「夏でも朝や夕方以降なら散歩しても良い」ということでなく、朝でも夕方でも日差しが強い場合もある。

なので、ペット飼っている方は自身の生活環境下で少しでも違和感があったら、まずはペットのことを考えるようにしてみてはいかがでしょうか。

※夏はなどの危険性もあります。是非合わせてみてみてくださいね。

フォローをお願いします(1人1回) マークでOK