考える 2016-11-06

廃材置き場から聞こえる「ニャー」という鳴き声。木材の山の中には生まればかりの猫の赤ちゃんが!

\この記事をシェアする/

廃材置き場に捨てられた子猫を助けるため、心優しい男性が7時間もの時間をかけて木材を掘り起こし、子猫を無事に救いました。

ひと月ほど前、クリフは廃材置き場の木材の山から「ニャー」と猫の鳴き声が聞こえてくることに気づきました。すぐに彼は木材のスクラップの中に小さな鳴き声をあげる子猫を発見しましたが、なんとそこにいた子猫は一匹だけではなかったのです。

「猫たちは廃材置き場の中に捨てられていて、さらに猫の上には木材が山積みになっていたのです」とクリフは回想します。

木材に埋もれた子猫1 source:

クリフは数時間かけて木材や鉄筋を掘り起こして猫たちを救出しました。猫たちはまだ目が開いて間もない生まれたばかりの赤ちゃんでした。

木材に埋もれた子猫2 source:

まず子猫の居場所を突き止めてから、注意深く掘り起こして猫の救出を試みたクリフ。数時間かけてようやく全ての子猫を救い出しましたが、一匹は生き延びることができませんでした。 「母猫は子どもを産むために廃材置き場の大きな箱を選んだようです」と猫レスキュー団体のWatching Over Whiskersの人々は言います。

ここがクリフが子猫たちを見つけた場所です。

木材に埋もれた子猫3

クリフは小さな灰色の子猫を木材の山から救い出しました。彼は小さくてふわふわのこの赤ちゃんを膝の上に乗せ、優しく愛情のこもった世話を施しました。

クリフは小さな子猫を温めるためにポケットの中に入れると、次の子猫を探し始めました。

数時間のくまない捜索を経て、クリフは廃材置き場に捨てられたすべての子猫を救出することができました。

木材に埋もれた子猫4 source:

子猫たちはまだ赤ちゃんで、24時間ひっきりなしの世話を必要としていました。 クリフとその家族は助けを求めて様々な方面に声をかけ、ようやくとあるレスキュー団体から返事が届き、助けを受けることができることになりました。

ミズーリ州のスプリングフィールドにあるWatching Over Whiskersという猫レスキュー団体の心優しい人々が子猫たちを引き取り、お風呂に入れ、ご飯を与え、ゆっくり眠れる暖かいベッドを用意しました。

「子猫たちはとてもお腹が空いていたので、お互いにミルクを飛ばしあって無我夢中で飲んでいました」とレスキュー団体の人々は語ります。

木材に埋もれた子猫5 source:

可愛い赤ちゃんたちのうち、一匹は虹の彼方へと旅立ちました。 二匹はとても小さく、ロキシーという美しい代理のママがミルクと優しく愛情のこもった世話を施しています。

最初は困難が続きましたが、子猫たちは力強く育っています。世話をする人々の優しさと無条件の愛、また代理のママによって子猫たちの状況は大きく変わりました。現在子猫たちは冒険心に目覚め、毎日をワクワク楽しく生きています。(source:lovemeow

廃材置き場に子猫がいたら、あなたならどうしますか?7時間かけて木材の山の中から猫を救い出したクリフさんに拍手ですね!捨てられた猫は今でもWatchingOverWhiskersで里親を待っています。記事のシェアも一つのサポートとなります!

フォローをお願いします(1人1回) マークでOK