泣ける 2015-07-30

ジンバブエで1番有名なライオンが射殺され頭を切り落とされる。。

\この記事をシェアする/

huffingtonpostによると、ジンバブエで1番有名なライオンのセシルが射殺され、さらに頭が切り落とされた状態で見つかったとのことです。

この事件に関しては、アメリカ人歯科医師パルマー氏が事件に関与していたと言われています。ウォルター・パルマー氏はミネソタ州のブルーミントンの歯科医師。

▼ジンバブエの観光局は28日にツイッターで「パルマーがセシルを殺した。これは違法な狩猟です」と投稿しました。

この事件の反響は非常に大きい。パルマー氏が働いていた歯科病院River Bluff Dentalに批判のコメントが殺到しています。

twitterやローカルビジネスレビューサイトのyelp上でのレビューも歯科病院の治療とは関係ない批判のコメントが殺到。中には、歯科病院の前には、動物のぬいぐるみを献花のように置いていく人まで。

パルマー氏の狩猟写真

狩猟愛好家パルマー source: 狩猟愛好家パルマー2 source:

今回、ジンバブエの有名なライオンが殺され頭まで切り落とされたが、世界では多くの違法な狩猟が行われているのが現状です。パルマー氏は、狩猟が禁止されていない地域で、なおかつ高額な料金を支払い狩猟したと、「合法」を貫いているようですが、合法、非合法に関わらず残忍で生産性のない狩猟は規制すべきではないでしょうか。

有名なライオン、セシルはこちら

どう思う?

実際に、この記事をみて猛獣の狩猟についてあなたはどう思いましたか?

フォローをお願いします(1人1回) マークでOK