考える 2016-08-30

いつもと違うルートで出勤すると道路脇にうごめく黒いゴミ袋が…

\この記事をシェアする/

アメリカ、ケンタッキー州でルイスさんが車で通勤している時のこと。遅刻しそうだっため、この日はたまたま近道をするために裏道を通った。

すると、道路の脇で黒いビニール袋を発見した。その袋は、ゴミ袋なのにうごめていた。中身に何が入っているかわからないが、ルイスさんは恐る恐る近づいてみたそうだ。

ビニール袋 source: 動く袋 source:

(もう悪い予感しかしない。)

ルイスさんが中を開けてみると、そこには子犬が入っていた。首輪をしていたが、ネームプレートはついておらず所有者を探すことはできないので、そのまま子犬を膝の上に乗せて職場まで向かったそうだ。

子犬2 source:

彼が飼い主に捨てられたか、もしくは盗まれて捨てられたか不明で、今は関係機関が調査をしている。人の手によって意図的に捨てられたことは間違いない。酸素の少ない袋の中で、道路沿いに置かれていたことを考えると、もう少し遅れていたら死んでいた可能性もある。

子犬1 source:

ルイスさんがもし裏道を使わずにいつも通りに出勤していたら…。こんな日に限ってこういうことがあるなんて不思議な縁ですね。

その後、その子犬は・・・

ヘフティーと名付けられ、ルイスさんとともに幸せに暮らしているという。

動画はこちら

source:thedodo

フォローをお願いします(1人1回) マークでOK