おもしろ 2017-01-09

【気をつけよう】ガレージで昼寝をしていた猫、危機一髪!

\この記事をシェアする/

先月の末、Ascension Parish警察署のマイク・スコット上級警察官は、ルイジアナにある家で窮地に陥っている猫を助ける要請を受けました。

「どこかの邸宅のガレージのドアに猫が挟まってしまったと通報がありました」とスコット上級警察官はFacebookに投稿。「自分の任期の中でこんなものを見ることになるとは思いもしませんでした。」

ガレージに挟まった猫!

猫のベッラは非常に居心地悪そうにしていました。

猫1 source:

その家には誰もいなかったために、どうやら猫のベッラはガレージのドアが開いているときに、その上に寝てしまったのだと見られます。

そして彼女の飼い主が出かけたときにドアが閉まり、ベッラは挟まってしまったのだと推測されました。

幸運にも、近所の人がガレージに挟まるベッラを見つけて、警察署へと連絡をしたのでした。スコット上級警察官たちはベッラを無事に救出し、何も知らない飼い主はその直後に帰宅。一件落着となりました。

素晴らしいことに、その後の病院での検査の結果、ベッラは無傷で、何の怪我もしていなかったことがわかりました。でもこんな目に遭ってかなりビックリしたことでしょう。

猫2 source:

「近所の人が気がついて本当に良かったです。奇跡に感謝です!」とスコット上級警察官は述べています。

猫のベッラには次回から、昼寝する場所をもう少しちゃんと考えてくれることを祈ります。(thedodo

「そこで寝ないで!」と言ってもなかなか分かってくれないの自由奔放な猫たち。思わぬ場所で昼寝をしたりしていることもあるので、人間がより気をつけましょう!

フォローをお願いします(1人1回) マークでOK