驚き 2016-01-25

「動物は同乗禁止」駅で注意され、その場で鴨の首を切る<中国>

\この記事をシェアする/

中国で驚くべきニュースが起きた。
まとめると・・・

  • 中国で生きた鴨を地下鉄に持ち込もうとした
  • 警備員が「生きた動物は持ち込みだめ」と注意
  • その場(駅構内)でカモの首を切り処理

<以下画像有り、閲覧注意>

今月19日、中国・四川省の地下鉄成都駅でセキュリティチェックを通り過ぎようとした20代の女性。手提げ鞄には生きた鴨が入れられていたが、収まりきれずに首から上が飛び出ていた。これに気づいた警備員は女性を呼び止め「電車に生きた動物を持ち込むことはできません」と注意した。
この女性、何としてでも鴨を持ち込みたかったのだろう。同行者が持っていた果物ナイフを取り出すと、駅構内の床に新聞紙を広げ、鴨の首にナイフを刺して処理し始めたのだ。新聞紙が鴨の血で染まったのはもちろんのこと、床にまで染み出した。成都駅の職員も女性の行為に不快感を示し、のちほど「あの場で止めさせるべきだった。公共の場で鴨を処理するのは不適切だ」とコメントしている。(source:japan.techinsight

鴨を切る女性 source:

生きたままの動物と同乗できない、それなら殺してしまおう。という発想には驚きです。日本ではとても考えられないニュースでした。この女性の行動、職員の対応は物議を醸すでしょう。

(source:japan.techinsight

フォローをお願いします(1人1回) マークでOK