驚き 2016-07-03

泥だらけで瀕死の猫が搬送されてきた…治療を開始するとあたりが笑いに包まれた

\この記事をシェアする/

今話題の海外の動物ニュースです。

瀕死の状態の猫が発見され、動物保護施設gspcaに搬送されてきた。猫は、泥だらけでずぶ濡れの状態で脈なし。一切動くこともない。

1分1秒を争う緊急事態だ。

瀕死の猫 source:

治療をするためには、まずは泥を払いのけ綺麗にする必要がある。緊迫した状況の中、泥を払いのけ、治療を開始しようとしたら…

ぬいぐるみ1 source:

ぬいぐるみだった。。

緊迫した状況で、すぐにはぬいぐるみだと判別できなかったようだ。

しかも猫ではなくて犬。それがわかるとすぐに現場は笑いに包まれたそうだ。一切動かない動物を救おうと色々な処置を施し、結果がまさかのぬいぐるみだったとは。。笑)

ぬいぐるみ2 source:

今回はぬいぐるみだったが、このように全く別のものが搬送されてくることは今回だけではないそうだ。金髪のカツラが傷だらけの鳥に見えたり、羽毛ぶとんが瀕死のアザラシに見えたりすることもあるという。今回はぬいぐるみだったので余計にわからなかったでしょうね。。

ぬいぐるみでホッとした出来事でした。

フォローをお願いします(1人1回) マークでOK