驚き 2016-07-12

世界最大の自転車レース「ツール・ド・フランス」でリャマが大量発生!こりゃまー大変だ!

\この記事をシェアする/

フランスで世界最大の自転車レース、ツール・ド・フランス2016(Tour-de-France)が開催された。毎年7月、23日間もの長期日程で行われ、約3300Kmもの距離をを走る。フランスのレースだが、イギリス、イタリア、スペイン、ベルギー、モナコなど周辺国もコースになる大規模レースだ。(wikipedia)

長年、ツール・ド・フランスでもっとも高い峠だと言われるフランス南部にあるツールマレー峠は、歴史的に見ても最も過酷な区間だと言っても過言ではない。

しかし、その峠以上の障害物が大量発生したと話題だ。

Huffington Postによると、地元住人のJoël Adagasが道で休んでいるリャマを発見し撮影した。この辺り一帯の草を食べきれいにしてもらうためにキャンプ場の近くの誰かが飼っているそうだ。その数20匹。。。

リャマ source:

リャマだ!

こりゃまー大変だ!

数年前のレースでは突然犬が出現し衝突事故も起きている。。広大な自然の中でレースを展開すると動物はつきものですね。

動画はこちら

7月2日に開催され、24日まで。残り12日間だが、リャマや犬やその他の動物には十分に注意して戦ってほしいものです!

フォローをお願いします(1人1回) マークでOK