おもしろ 2016-09-30

自分のことを「子羊」だと思う「猫」…群れのボスになる(!!!)

\この記事をシェアする/

茶トラ猫のスティーブは、自分のことを子羊だと思い込んでいる猫だ。

ニュージーランドの家で初めて羊の群れを見たとき時から、群れのボスになっていた。子羊たちのお墨付きのリーダー的存在です。スティーブが庭で遊んでいると、なぜか彼の後ろについていきます。みんなスティーブの行動が気になるようです。

猫と子羊1 source:

スティーブは、子猫の時にアマンダさんに拾われ、生後8ヶ月の時までずっと一人寂しく生活をしていたが、子羊たちと出逢ってから生活が変わりました。

猫と子羊2 source:

最初は、家の中で生活をしていたスティーブだが、仲間の子羊たちが外で生活をしているので、外での生活を始めたそうだ。こうして、日常の生活も共に過ごし、二人の絆は深まっていきました。

猫と子羊3 source: 猫と子羊4 source:

ミルクの時間には、こうしてじっと我慢して見守っている。

動画はこちら

子羊たちを取りまとめるリーダー的存在のスティーブでした。種が違えど、こうして仲良く生活をしている様子を見ると心温まります。猫なのに、子羊をまとめあげ、仲間のことを考えてあげる器の大きさに驚きました。牧羊犬ならぬ牧羊猫になる日も遠くないかもしれないですね。

(一枚目の写真・・・1匹(猫)だけ威圧感が出ていると思うのは私だけでしょうか?笑)

フォローをお願いします(1人1回) マークでOK