驚き 2016-08-05

帰る家のない野良犬、255Kmのマラソンに参加!運命のランナーを見つける!

\この記事をシェアする/

サハラ砂漠、アタカマ砂漠、ゴビ砂漠、南極を走る過酷なマラソン大会「4DESERTS」。先日、その中のゴビ砂漠を走る「4 Deserts Gobi March 2016」が行われたのだが、そのレースでハプニングが起きた。

マラソンレースと犬1

6日間に渡り、中国最大の砂漠「ゴビ砂漠」を走るのだが、なんと野良犬がランナーのレオナルドさんに付いてきてしまったのだ。初日から並走するワンコ。これには、戸惑いを隠せない。

マラソンレースと犬2

2日目、レオナルドさんはスタートラインに立つと、ワンコも同じくスタートラインに立ってきたという。長距離なので、まさか付いてこないだろうと思ったが、そのままワンコは23マイル(約37Km)完走してしまったという。

マラソンレースと犬3

それからレオナルドさんの元から離れなくなってしまいました。そしてワンコには「ゴビ」と名付ける。

ワンコは、天候によっては走らない時もあったが、155マイル(約250km)あるコースの半分以上を共に走ってくれたそうだ。

見知らぬ犬に、ここまで付いてこられるともはや運命を感じざるえないが、レオナルドさんの家はスコットランドだ。帰る家のないゴビを連れて帰りたい気持ちは山々だったが、合法的にレオナルドのスコットランドに連れて帰るには、4か月間の検疫とメディカルチェックなど、莫大な時間とお金がかかります。

▽休憩中もレオナルドさんの本を離れないワンコ

マラソンレースと犬4

今、ゴビは中国の友人の元に預けられている。

レオナルドは、ネット(クラウドファンディング)を駆使し資金を集め、今ゴビとの再会を待ち望んでいる。£5000もの資金が必要でしたが、。£11,750(約156万)もの資金が集められた。

資金も集まった。彼らが再会し、再び一緒に走る日も遠くはないでしょう。 なぜ、多数のランナーがいた中で、ゴビはレオナルドに付いて行ったのでしょうか。もしかしたら、「この人なら幸せにしてくれる…」と思って付いて行ったのでしょうか?

過酷なゴビマラソンについて行ったワンコのお話でした。ゴビの嗅覚にも万歳!

マラソンレースと犬5

source:crowdfunder/

フォローをお願いします(1人1回) マークでOK