考える 2016-09-05

「現代の忠犬ハチ公」忠犬マヤ、緊急手術を受ける飼い主を病院の前で待ち続ける

\この記事をシェアする/

のように飼い主の帰りを待ち続ける犬がスペインで話題になっている。

telegraphによると先週、犬のマヤと飼い主のサンドラさんと父のアンドレスさんが故郷バルセロナへの旅行中の事、サンドラさんが腹部に激しい痛みを訴え、スペイン、アリカンテ近くにある病院に立ち寄ることになった。

そこで虫垂切除の緊急手術を受けることになる。長時間の手術と入院だが、マヤはサンドラさんのことを病院の前でずっと待ち続けているそうだ。父のアンドレスさんがマヤを休ませるために連れて帰ろうとしても決してそこから動こうとしない。忠誠心の高いワンコなんです。

▽以下は、マヤが病院の前で待ち続ける様子。病院関係者が気を使ってマヤに餌をあげる様子。

海外の忠犬ハチ公 source:

まさに現在のと言えます。ハチ公は約9年間もの間、駅で辛抱強く飼い主を待ち続けていたと言います。マヤもこれから飼い主さんのことを辛抱強く待ち続けるでしょう。早く回復して、一緒に暮らせる日々が来ることを願います。

今、話題のスペインの忠犬でした。

フォローをお願いします(1人1回) マークでOK