考える 2016-08-20

親友の死から2年…ずっと落ち込んでいた犬の前にアヒルが現れた

\この記事をシェアする/

犬のジョージは12年間共にした親友のブラッキーを亡くした。

長年連れ添ったパートナーなだけに、ジョージにとって、この別れは耐え難く、2年間もの間ずっと落ち込んでいたのでした。

ある日のこと、毎日落ち込むジョージの目の前にどこからともなく現れたのが、このフレンドリーなアヒル。突如、家のベランダに現れたと言います。

アヒルと犬

「このアヒルがどこから現れたかわかりませんが、アヒルはジョージのことをとても気に入り、そしてジョージもアヒルが来てから落ち込むことがなくなった」と飼い主のリットンさんは言います。

しかも、ブラッキーの命日の週に現れたというから驚きだ。なんとも不思議なご縁だ…

犬とアヒル source:

二人は切っても切り離せない関係に。

二人の中が良好なのでリットンさんは、アヒルも家の中に入れてあげることにしました。いつも仲良しなんです。

▽ジョージは優しかった。アヒルに自分のベッド譲ることも。

アヒルベッド

動画はこちら

ジョージの笑顔の日々は再び始まりました。

アヒルが見ず知らずの犬に近づき、そのまま生活を共にするとても珍しいケースです。お互いにピンとくるものがあったのか、それとももしかしてブラッキーの生まれ変わりなのかな?

これからはブラッキーの代わりにアヒルが付いているよ。一人じゃないから、そのまま元気に生活してほしいものですね!

フォローをお願いします(1人1回) マークでOK