驚き 2016-11-23

南国に生きる希少種ケンプヒメウミガメ、6,500km離れたウェールズの海岸に漂着

\この記事をシェアする/

世界的にとても希少な南国のカメが、ウェールズの肌寒い海岸に打ち上げられた。これまでも南国のカメがこの海岸に打ち上げられる事はあったが、今回のように生きた状態で発見せれたのは非常に珍しい。

希少な亀1 source:

希少種ケンプヒメウミガメ

そのメスのカメはケンプヒメウミガメという種に属しており、イギリスでの生息はこれまでに確認されていない。

この種は大変希少で、約6,500km離れたフロリダとメキシコの温かい海でのみ生息が確認されている。しかし近年、強い風と潮の流れによって、本来生息域の限られたカメが生息域以外の海域へ漂流するケースが増えている。

彼らヒメウミガメにとってイギリスの海は水温が低すぎるため、生き延びるのは決して容易ではない

希少な亀2 source:

ただし、今回のケースはいくつかの幸運が重なっている。まず一つ目に彼女の身体の大きさである。身体の大きい生き物の方がより寒冷な環境で生き延びられると言われているが、彼女の身体は比較的大きく、ウェールズの冷たい海で生き延びる鍵となったと考えられる。

動画はこちら

Look what rocked up on the beach at the bottom of our drive yesterday afternoon! Look out for more news tomorrow…

Anglesey Sea Zooさんの投稿 2016年11月13日

二つ目に、彼女が流れ着いた場所である。彼女が流れ着いたのは、なんとも幸運な事に水族館の目の前だったのだ。おかげで彼女は発見されてすぐに身体を温める治療を受ける事ができた。この迅速な対応がなければ、きっと彼女の体温が戻る事はなかっただろう。(dailymail

こんな奇跡的な救出劇に触れるたびに、生き物の持つパワーと、命の大切さを考えずにはいられない。

フォローをお願いします(1人1回) マークでOK