驚き 2016.02.11

インドの街に迷い象。数々の家屋を破壊するも象=神様なので慎重に保護

159シェア

東インドの街に象が迷い込んだニュース。

ベイカンサプール・フォレストから住宅街に迷い込んだ象は大暴れし数々の家屋、車を破壊しました。多大な損害を与えたアジアゾウ(インドゾウ)だが、絶滅危惧種で、さらにはインドでは、神聖な動物として扱われるため、怪我をさせないように慎重に保護にあたったそうだ。

画像1

象が暴れる1 source:

画像2

象が暴れる1 source:

象=神様

象はガネーシャ、ヒンドゥー教の主教の神様で「富をもたらす神」として知られています。

ガネーシャインドの神様 source:

今回、騒動になったアジアゾウ(インドゾウ)は、体長5.5~6.5m、体重4~5t、足の速さは時速40kmほど。捕獲にはかなり骨が折れたでしょう。交通渋滞を引き起こしたものの、死傷者はなし。これから森に返されるとのこと。

いいね!お願いします。<(__)>

159シェア
               
インドの街に迷い象。数々の家屋を破壊するも象=神様なので慎重に保護

良かったらいいね!
して下さい<(__)>

ANIMALive

ANIMALive(アニマライブ)の運営者の書いた記事となります。

このライターの記事一覧へ