驚き 2016-02-24

空港の番犬として働くボーダーコリーのパイパー君がかっこよすぎる!

1918シェア

盲導犬、麻薬探知犬など、今やさまざまな場面で活躍する犬ですが、 アメリカのミシガン州では、空港(チェリー・キャピタル空港)で活躍する犬がいる。

K-9 Piper/パイパー君は、Wildlife Control Canine(ワイルドコントロール犬)として空港の番犬をしています。ワイルドコントロールとは、野生生物のコントロール。この場合は、定期的にパトロールし、野生生物についてを報告することで空港内を安全を保つこと。主には、滑走路や、誘導路から鳥を追い払う業務を行っています。飛行機が、鳥と衝突(バードストライク)することを未然に防ぐことができるんです。

ヘリが出発!

▽ヘリコプターが出発する時も落ち着いた様子であたりを見渡す。クールですね!パイパーのおかげで空港の安全があるんだ!かっこいい!!

View post on imgur.com

フル装備!

ゴーグルに、ベスト、靴まで装着!フル装備でかっこいい!

ボーダーコリーの番犬 source:

クールすぎる!

どやっ!

K-9 Piperさん(@airportk9)が投稿した写真

こんなにかわいい姿も!

日頃のフル装備を外し、こんな姿も!かっこいいというより、かわいい♪

K-9 Piperさん(@airportk9)が投稿した写真

パイパー君の犬種は、ボーダーコリー。ボーダーコリーは、羊追いなどでも活躍する頭の良い牧羊犬なので、この種の仕事は適任だと言えます。これからも、番犬として空港の安全を確保してください!

クールでかっこいいパイパー君でした♪

source:airportk9.org

いいね!お願いします。<(__)>

1918シェア
               
空港の番犬として働くボーダーコリーのパイパー君がかっこよすぎる!

良かったらいいね!
して下さい<(__)>

マッサン

マッサン

動物(特に犬)が好き。 かわいい動物ネタをゆる〜くまとめていきます。

このライターの記事一覧へ