しつけ 2016-03-15

猫の気持ちはしっぽの動きでわかる!14パターン(完全保存版)

\この記事をシェアする/
猫の尻尾の振り方で気分や気持ち13

11.座っているとき、縦にしっぽをゆっくりパタパタとふる

これから何をするか考えている時や、考え事をしている時にします。子猫をあやす時もこんな感じでしっぽを振ります。


猫の尻尾の振り方で気分や気持ち14

12.寝ている時にしっぽの先だけ小さく振る

起きるのがめんどくさいのでしっぽだけで返事を返してきます。「あ~はいはい」と愛想返事のようなものです。 完全には寝てはいないのでしょう。条件反射とも捉えられるでしょう。


猫の尻尾の振り方で気分や気持ち15

13.抱いた時にしっぽをぴったりとつける

怖がっている時にします。動物がおなかを見せるをいうのは一番自分の弱点をさらすということ。隠すことで「防御」をしています。逆に、垂れ下がっているのは安心している証拠でしょう。


猫の尻尾の振り方で気分や気持ち16

14.抱かれるとバタバタとしっぽをふる

嫌がっているサインです。猫は基本、抱っこは結構な確率でバタバタとしっぽを振ります。 逆に、ゆったりと降っているときは、安心しているといってもよいでしょう。


いかがでしたか?猫を飼っている人、これから飼う人は是非参考にしてみてください。もちろん、しっぽの振り方だけで全てを判断するのは難しいです。その猫の性格をきちんと見極めケアしてあげてくださいね。

3つなら転載してOK!!!リンクは貼ってくださいね!!!!猫を飼っている友人にもシェアして教えてあげてくださいね♪

井上菜摘先生の漫画の作品は→

フォローをお願いします(1人1回) マークでOK