おもしろ 2017-01-16

当店では天然物はおいてないんですね…。それでも諦めないお客さんビーバー!

\この記事をシェアする/

木材関連の製品でどれがいいのか迷ったら、彼に尋ねましょう。実際に、彼は木材が大好きで、どの木材関連の商品が良いのか、熱心にテストしています。

そして、このお店の商品に満足していないのか、1ドルストアの中で、彼は不満足そうにしています。

ビーバー source:

St. Maryという町の警官が、メリーランド州のシャーロット・ホールという町の1ドルストアに呼ばれた理由は、店内に野生のビーバーが入ってきて、通路を徘徊しているというものでした。

警官がお店を訪れたとき、そのビーバーはクリスマスツリー用の木材を物色していました

ビーバー2 source:

しかし、このビーバーが楽しそうに物色していた木材、実は木材に似せた人工の製品で、彼をがっかりさせてしまったようです

そしてその後、このビーバーは、クリスマス用のデコレーション売り場を荒らし始め、木材がないかと物色を続けました

ビーバー3 source:

どうやら、彼は天然の木材を見つけられず、ちょっと残念なクリスマスをすごすことになってしまったようです。

この、ちょっとはた迷惑なビーバー、クレームがくることをまったく恐れていません。

ビーバー4 source:

幸いにも、このお話はハッピーエンドで終わります。

ビーバーは警官に保護され、野生に返すためのリハビリセンターに連れ込まれました

彼が、たくさんの木材を手に入れることを、願ってやみません。(thedodo

1ドルストアに乱入した、ビーバーのお話でした。日本でも、電車の中にハトが入ってくるということはありますが、ビーバーが店の中に入ってくるとは、さすがアメリカです。日本でいうと、キツネやタヌキが店に入ってくるという感じでしょうか?今回の話では、うまく対応していましたが、日本ではどうなることやら、気になるところです。

フォローをお願いします(1人1回) マークでOK