しつけ 2016.01.31

犬のしつけを始める前の4つのポイント

2441シェア
犬のしつけを始める前の4つのポイントのアイキャッチ

今回は、しつけについて書いていこうと思います。 実際にしつけといっても何をどうすれば?というのがあると思います。

しつけって何?

  1. 基本のルールは知りましょう。
  2. 犬の性質を知りましょう。
  3. 感情をコントロールしましょう。
  4. しつけ方法の選択
はてなマーク

1.基本のルールを知るということ

しつけの基本ルールとしては、飼い主と飼い犬、周りの人達が暮らしやすい環境であるかということです。 お互いが我慢をしない生活です。 犬は、感情で動きます。子供です。 楽しいことは楽しい!やりたくないことはやりたくない!とはっきりしています。 でも、それでは人間とこの社会で生きていくのは難しいです。飼い主さんの都合もありますし。 飼い主と犬との妥協点を探すことが必要なのです。

2.犬の性質を知ること

犬は縦社会の動物です。 ボスがいてこそ彼らは平穏な暮らしがあるのです。 犬は、群れ行動をしてきました。

群れと家族の違い

私なりの解釈なのですが 群れはいわば私たちが暮らしている社会なのだと思います。 会社、学校などの基本ルールがある中でみんながルールを守って生きているのです。 家族は、違うと思います。 ルールがあってないようなもの。 間違ってもそれが許されるのです。 家族だから・・・。しかも人間の線引きですが。  

   狼の群れ  

犬は、その線引きがあまり上手くないです。 犬にとっては家族=群れ 人間は家族だからこれぐらいなら大丈夫だろう。家族だから間違ってもなあなあでいいかなんて思うのです。 むれの中ではしないことを、家族の中ではしてしまいます。 犬はそこがわかりません。家族で許されたことは他でもします。

犬とはそういう生き物なんです。

3.感情のコントロールをする。

一番難しいですね

しつけをするにあったって私が心がけているのが感情のコントロールです。 常に平常心でいるということ。 う~ん  難しい!!

私は、これまで誰かに教えるという機会が多かったので、教えることの難しさはよくわかっているつもりです。

最近思うのが、マイナスからのスタートです。

「わかるだろう」「できるだろう」から始めてはいけないということ。 「わからないかもしれない」「できないかもしれない」から始めないと 「なんで?できないの? なんで?わからないの?」 怒りMAXになってイライラしてきます。 上司に言われたことですが【怒りはエネルギーの回転がかかりやすい】

そうなんです。アクセルを踏みっぱなしにしてしまうのです。だから、マイナスからのスタートなのです。

わからない、できないと思ってたのにできた!!すごい!!うちの子天才!!・・・・となります。

万歳

案外、人間も単純なのかもしれないですネ。 気持ちに余裕がなくなったら、深呼吸して通常の自分に戻る努力をしましょう。 深呼吸してもダメッだったら1回しつけはやめてみましょう。 明日、明後日、時間はたっぷりありますから、自分のペースを崩さないようにしましょう。

4.しつけの方法

しつけの方法については自分に合った納得する方法を選んだほうがいいと思います。 しつけの仕方はたくさんあります。 純血種の犬を飼うなら、犬種によってもしつけの仕方が変わってきたりします。 イギリス式、アメリカ式、ドイツ式などなど 日本のトレーナーさんも独自のやり方を本にしていることがあります。 私は、本を読んだり、学校で学んだり、トレーナーの動画を見たり勉強してきました。 その中で、一番ベストな方法を見つけました。 ちゃんと納得して、これが私の性格にも合ってると思いトレーニングするときはこの方法を試してきました。

でも、ここには書きません。 皆さんには見つけて欲しいと思います。飼い犬と皆様に合った方法を。 なので、たくさん探してみてください。 ほんとに試行錯誤です。いくつかのトレーナーの方法を組み合わせてみるのもいいかもしれません。

答えはオンリーワンではなくベストを探してください。

しつけとは飼い主と飼い犬が楽しく暮らしていくために必要なことです。 どっちか一方だけが幸せなんてありえないのです。 お互いが幸せで入れることがいいのではないでしょうか?

いいね!お願いします。<(__)>

2441シェア
               
犬のしつけを始める前の4つのポイント

良かったらいいね!
して下さい<(__)>

coconuts

トリマー、動物看護士、トレーナーとして4年間でペットショップで1年働いてきました。とにかく、動物Loveです。街で犬や猫見たら話しかけてみます。引かないで下さい!!仲良くなりたいだけなんです。 今までの動物と触れ合って感じたことや、動物関係で働いてき経験、生命の大切さをわかりやすく伝えていくのでよろしくお願いします。

このライターの記事一覧へ