泣ける 2016-07-25

ママの温もりを知らない子ゾウ…木に繋がれて1週間放置。芸を仕込むための最初の訓練

\この記事をシェアする/

今もなお、象乗り体験や象の芸を見にアジアに旅行に行く人が大勢います。ゾウに芸を仕込むために、どのようなことをしているか…つい2週間前程、タイに旅行に行った観光客がその現場を目撃し、それがSNSで話題となった。

この子ゾウは、赤ちゃんの時にお母さんゾウから引き離され、短いロープで木に繋がれていました。これは、芸を覚えさせるための初歩的な訓練だそうで、1週間程行われる。お母さんからのお乳はない。バナナと水だけしか与えられないそうだ。

ゾウ source:

普通アジアゾウは、4歳くらいまでは母乳で育ち、それからも人生の大半を母親ゾウと暮らしていくのだが、この子ゾウの人生は悲惨だ。ママのぬくもりも知らず、芸を覚えさせるために体罰を与えられ生きていくのだ。

▽1分30秒程の動画:ゾウが木の周りを延々と歩く姿に胸がつかえる。

動画はこちら

この動画を見た人は「ありえない」「これでもゾウに乗りたいと思う人がいるのか…」と言ったコメントが多数寄せられた。

今回、話題になった動画は木に繋がれるシーンだが、この身動きのできない訓練が終わると、次はさらに身動きができないように紐で固定され、鞭や棒で痛みを与える訓練に入ります。それでもゾウに乗りたいと思いますか?

フォローをお願いします(1人1回) マークでOK