泣ける 2016-02-24

エアガンで18発ものBB弾を打ち込まれた子犬のブロディ。飼い主が見つかり新しい生活へ

2163シェア

アメリカ、カリフォルニアで生後約6ヶ月の子犬のブロディーがエアガンで18発打たれた。出血多量の状態で発見され、動物病院で治療を受けることに。獣医は、鎮痛剤と点滴で治療を開始しました。そして病院の人は、この子犬をブロディと名前をつけることに。

<レントゲン写真は痛々しいので以下、閲覧注意>

犬 source:

レントゲンの結果、18発のBB弾は、体の中にあることが確認された。そして調査によると、育児放棄された子犬だということもわかった。肉体的にも精神的にも傷つけられた子犬です。

レントゲン写真1

レントゲン写真1 source:

レントゲン写真2

レントゲン写真2 source:

少しずつ回復傾向を見せ、こんなに元気な様子も見せてくれた。

回復後 source:

警察の発表によると14歳と17歳の少年を逮捕したとのこと。このニュースの後に病院には数百件もの問い合わせがあり、子犬の新しい飼い主さんも決まったとのことだ。悲惨で心苦しいニュースだが、最後はハッピーエンドで本当に良かった。

これからは、たくさんの愛を受けて最高の生活をしていってほしい。

(source:myrtlebeachonline /alicia.schwartz.94

いいね!お願いします。<(__)>

2163シェア
               
エアガンで18発ものBB弾を打ち込まれた子犬のブロディ。飼い主が見つかり新しい生活へ

良かったらいいね!
して下さい<(__)>

マッサン

マッサン

動物(特に犬)が好き。 かわいい動物ネタをゆる〜くまとめていきます。

このライターの記事一覧へ