泣ける 2016-08-30

「苦渋の選択」愛犬ハンナとの最期の1日に涙

\この記事をシェアする/

犬のハンナは、ここ数ヶ月突然の発作に襲われることがあった。最初は、症状は軽かったのですが次第に悪化していった。

発作の原因は腎臓や膝・腰痛の治療のために服用していた薬だということがわかったが、服用をやめると激痛で普通に歩くことさえできないので、やめることができなかった。

薬をやめると激痛で歩くことができない。薬を服用すると発作が起こる。苦境に立たされていた。

飼い主さんは、このままハンナへの投薬を続けることは自分勝手であり、かといって投薬をやめることは残酷だと判断し、苦渋の選択で安楽死を決断するのでした。

以下は、最期の1日を撮影した写真だ。

▽ハンナはわかってるのかな?

苦しむ犬の最期1 source:

▽いつも彼女は私の決断を信じてくれています。

苦しむ犬の最期2 source:

▽もう疲れたんだよね。

苦しむ犬の最期3 source:

▽階段もつらいよね。薬も効かないし。。。

苦しむ犬の最期4 source:

↓[次へ]を押してもっと見てね↓

フォローをお願いします(1人1回) マークでOK