泣ける 2016-04-15

熊本地震で「迷子の犬」愛護団体が『一時預かり』を実施

\この記事をシェアする/

熊本・九州中心に大地震

最大震度7の大地震が熊本県を襲った。自分や家族の安全を確保することも大切だが、愛するペットの存在は忘れてはいけない。この地震によって犬や猫のペットが行方不明という投稿が多い。

ペットが行方不明という数々の投稿

犬などのペットの迷子が相次いでいる。本能レベルで危険を察知してのことでしょう。ここにツイッターの投稿をまとめました。一刻も早く見つかるようにみんなで拡散して情報を発信しましょう。(なお、すでに見つかっている犬もいると思いますので、投稿の詳細は各々で確認をお願いします。)

迷子犬を発見し保護したら…

「ドッグレスキュー熊本」(動物愛護団体)が、犬の預かりを実施。詳細はこちら。

▽以下、犬を見かけたと思う人は、是非ツイッターの当事者にご連絡ください。

災害時のペットとの避難について

各自治体によって様々だ。住んでいる都道府県の防災計画を確認しておきたい。熊本市の避難所マニュアルによると、避難所の居住スペース部分には、原則としてペットの持ち込みは 禁止しています。ペットは、避難場所敷地内の屋外部分に指定スペースを設け、リードで繋いだり、柵等で囲って飼育します。また、校庭等での放し飼いを禁止しています。

未だに余震は続いています。みなさん愛するペットの保護もお忘れなく。

愛する犬があなたの元に帰ってきますように。。そして熊本の被災された方、お見舞い申し上げます。

フォローをお願いします(1人1回) マークでOK