泣ける 2017-01-10

【泣けます】レスキュードッグのビフォア&アフター写真は、人間からの愛情で犬の命をどれだけ救うことができるかを教えてくれます

\この記事をシェアする/

1967年のビートルズの歌といえば?そう、『オール・ユー・ニード・イズ・ラブ(愛こそすべて)』です!

この40年間で世界は大きく変わってしまいましたが、ここで紹介する犬たちの写真を見ると、このスローガンには強い説得力を感じずにはいられません。

犬たちは絶望の果てにいましたが、救出した人、飼い主たちの惜しみない愛によって、それぞれの人生は大きく変わり、幸せを掴み取ることができました。

さぁ、愛こそすべてです。隣にいる誰かに、または、犬や猫に!ハグと愛情をたっぷりあげましょう!

#1 立ち上がることもできないほど空腹だった犬、7週間の治療によって素晴らしい変化を見せる

犬1 source:

#2 火事から救助された犬、身体の75%を火傷し苦しんでいたものの、消防士に引き受けられ、立派に消防犬となる

犬2 source:

#3 友人が救護したココナッツ。3ヶ月後の人生を楽しんでいる姿!

犬3 source:

#4 アウグストゥスを救護したとき、疥癬ダニまみれでしたが、現在はこんなに元気です!

犬4 source:

#5 店の外に縛られたまま捨てられていた犬。ひどい疥癬ダニと目の炎症に苦しんでいましたが、現在は見違えるほどの姿になりました!

犬5 source:

#6 疥癬ダニによって石のようになってしまった犬。人間に触れることさえ怖がっていましたが、現在ではお腹を撫でてとせがむほどになりました。

犬6 source:

#7 ゴミ捨て場で暮らしていたマイリー。ひどい怪我を負い、歩くことさえままらないほどでしたが、現在は新しい飼い主と幸せで健康な人生を歩んでいます。

犬7 source:

#8 この犬はおりに入れられていました。誰か助けられる人はいないかという投稿をFacebookで目にしたわたしとわたしの妻は、すぐに引き取ることに決めました。3ヶ月だった彼女は、毛包虫症に苦しみ、皮膚炎と肺炎も抱えていました。2ヶ月半後の姿がこちらです。

犬8 source:

#9 救助された子犬のビフォアとアフター

犬9 source:

#10 モントリオールの路地で見つかった犬は、あまりの様相に犬であることさえもわからなかったほどでした。身体をきれいにしてもらった後のチャーミングな姿に人々は驚き&喜びでいっぱいになりました。

犬10 source:

boredpanda

人間の助けを受けて、新しい人生を歩み始めた犬たちの笑顔はどれも輝いてます。ちょっとした優しさと努力で多くの命が救われるのです。今も世界中で助けを必要としている犬たちがいます。

フォローをお願いします(1人1回) マークでOK